技 術

アルミニウムの
スリット加工を極める

アルミニウムの製造工程の中でも
幅の広いコイルをユーザー指定の幅に切断し巻き上げる"スリット工程"。
常磐鋼帯株式会社では、このアルミニウムのスリット加工に特化し技術を向上させてきました。
高精度なスリットカッター組み技術、卓越した巻取り技術が要求される世界で
より質の高いアルミニウムを納品させていただいております。

アルミニウムの製造工程の中でも
幅の広いコイルをユーザー指定の幅に切断し巻き上げる"スリット工程"。
常磐鋼帯株式会社では、このアルミニウムのスリット加工に特化し技術を向上させてきました。
高精度なスリットカッター組み技術、卓越した巻取り技術が要求される世界で
より質の高いアルミニウムを納品させていただいております。

多種多様なご要望にお応えする
技術が常磐鋼帯にはあります

当社は、65年の歴史を通して培った特徴的な技術があり、
好評をいただいております。

詳細を見る→

世界水準である品質を裏付ける
国際三規格の認証取得

常磐鋼帯株式会社では、国際規格"三種の神器"と言われるISO 9001、ISO 14001、OHSAS 18001を業界で初めて取得しました。
これは、常磐鋼帯株式会社の品質が世界水準である事を裏付けるものだと自負しております。

詳細を見る→

常磐鋼帯独自の加工技術

当社65年の歴史を通じ特徴的な技術があり好評をいただいております。
いくつか御紹介いたします。

詳細を見る→

"スリット加工"とは?

幅の広いコイルを、ユーザー指定の幅に切断し巻き上げるのが、
常磐鋼帯株式会社生業としている"スリット工程"です。
高精度なスリッティングを行うためには、「高精度なスリットカッター組み技術」
及び「卓越した巻取り技術」が要求されます。
それには管理された設備と熟練した技術が必要です。
スリット加工は、アルミニウム用品を製造する上で、とても重要な工程です。